Theme切り替え

ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失


Page Top

TimeDomainMini anchor.png

TIMEDOMAIN mini

PCの脇に置いて使っているスピーカーTimeDomainMini
 メーカーのwebページはこちら→http://www.timedomain.co.jp/product/mini.html

 音像がはっきりしているスピーカーなので、特にデスクトップで使うときに気分がいい。再生する音楽の種類を選ばないとはいえないけれど、自分のニーズにはぴったりくる。じゃぱにーず・ポップス等を聞くには不適。ネット世代がよく聞くだろう音楽ジャンルだろうから、ネット上では意外と不人気かも。だって、低音も高音もドスドス・ピャーピャー鳴らないから。
 びっくりしたのは、生録した音を再生したとき。録音したそのままの音場が広がった。つまり、きちんと録音されたもの、人工的にいじくっていない音楽は、スピーカーサイズを超えた音を再生する。
 デスクトップで聞くにはもったいないような気もするが、、、、毎日ぜいたくな気分を味わうことができるという点で、素晴らしいスピーカー。
 ひとつ不満があるとしたら…。エージングに時間がかかるかもしれない。聞き始めて1時間くらいすると、ふわっと音場が広がる。そこまで我慢。

Page Top

Olasonic TW-S7 anchor.png

Olasonic USBスピーカー バスパワー 10W+10W TW-S7(B)

持ち運びで使っているUSBスピーカー Olasonic TW-S7
 メーカーのwebページはこちら→http://www.twa.co.jp/store/olasonic/tws7.html

 最近そこらじゅうで、レビューを見る。TimeDomainMiniと比較されることが多く、こちらの方が安いので「コストパフォーマンスが素晴らしい!」と絶賛されることが多いみたい。ぱっと聞いたときに、サイズ以上の低音感に「ををぉ!!」となるのだと思う。
 けど、じっくり聞くとTimeDomainMiniの音にはかなわない。なんというか、市販の100%リンゴジュースのような感じ。いつも食べているリンゴをすりおろしてジュースにした時のような生っぽさは、無い。
 この形状のおかげか、普通の小さなスピーカーに比べて、音像がくっきりとするのは、素晴らしい。初めてこのスピーカーを聞く人は、その音像のくっきり感に驚き感動するので、それを見るのは楽しい。けど、音量を上げようとすると音が割れてくる。ので、がんがん鳴らせないのが残念なところ。  もうひとつ、残念だったところ。
 メーカーのサイトから買うよりも、ステレオサウンドのwebショップから購入した方がぜったいお得!!!失敗した。→ステレオサウンドのwebショップ
 だって、ほぼ同じ値段で、キャリングケースは付いてくるわ、スピーカー下のインシュレータは2セットついてくるわで大判振る舞い。

キャリングケースほしい!!!

Page Top

INFINITY Reference E-L anchor.png

 茶の間に置いてあるスピーカー。購入は1994年頃だったような記憶が。

ReferenceEL.jpg

 メーカーページ→製品ページ
 日本語の情報ページはこちら→ http://audio-heritage.jp/INFINITY/speaker/referencee-l.html

 小さなサイズながら朗々と鳴るスピーカーで、中低域が気に入って購入した。エンクロージャーが振動するタイプなので、設置場所や方法で音のバランスが変わるし、音も独特だし、ウレタンエッジでぼろぼろになるし、、、と思うけれど、自分にあった音なので気に入っている。
 使い始めて10年くらい過ぎたころ、音量を上げるとビビり音がするようになった。よく見ると、ウレタンエッジがボロボロ。そのためにボイスコイルがずれてビビり音になったようである。せっかくなので、エッジを自分で張替えをした。ポリプロピレンのコーンなので、コーン自体はしっかりしている。復活して、ますます手放せなくなった。

Page Top

Final Audio design PianoForte(ヘッドフォンブック2011付録) anchor.png

ヘッドフォンブック 2011  ̄音楽ファンのための最新ヘッドフォン&イヤフォン140モデル徹底ガイド ̄(CDジャーナルムック)

 ヘッドフォンのレビューブック。定価2,000円。→ ヘッドフォンブック2011
 でも、この本、中身もいいけど、付録がすごい。Final AudioのPianoForteというヘッドフォンが付録でついてくる。ちなみに、Final Audioのサイトでは、PianoForte2として販売している。約3,000円。

メーカーのwebページはこちら→→http://www.final-audio-design.com/

 で、実際のところ、付録と販売品は違うんだろうと思うのですが、、、、以下のサイトをいくつか見てみると…
 http://kamode.exblog.jp/15628763/
 http://www.phileweb.com/review/article/201012/16/232.html
 http://ayutaya.blog95.fc2.com/blog-entry-303.html

 つまり、大変お買い得ということらしい。実際、2セット購入!!!。

 音は、響きが豊かで、私の好みです。低音ドスドスっていう感じではないので、TimeDomainMiniを批判するタイプの人たちからすると、ブーイングのヘッドフォン。でも、でも、好みです。

Page Top

DENON インナーイヤーヘッドホン AHC710K anchor.png

DENON インナーイヤーヘッドホン ブラック AH-C710-K

 DENONのヘッドフォン。SONYのMDR-EX90SLを洗濯!してしまって、慌てて購入した。→AHC710

メーカー製品紹介はこちら→ AHC710

 すこしこってりとした音が聞きたくて、DENONのヘッドフォンを選択。予想通り、迫力ある低音ときらびやかな高音の、濃い音のヘッドフォン。迫力があるとっても、切れ味のある低音なため、もっさりした感じはない。響きが広がるヘッドフォンということで、愛用している。

Page Top

SONY 密閉型インナーイヤーレシーバー MDR-EX90SL anchor.png

SONY カナル型イヤホン MDR-EX90SL

 SONYのヘッドフォンで標準価格12,390円。発売は2006年5月。→ MDR-EX90SL

メーカーのカタログページはこちら→http://www.sony.jp/headphone/products/MDR-EX90SL/index.html
製品プレビューはこちら →http://av.watch.impress.co.jp/docs/20060428/npp85.htm

 安定した音質で、私が今まで感じていたイヤフォンのイメージを塗り替えた。バランスがよく、モニターテイストの音。そっけないように感じる場合もあるかもしれない。が、よい音源を選べば、ほれぼれする音。
 じつは、手軽に使いすぎて服のポケットに入れたまま選択してしまったことがある。慌てて天日干しして、おそるおそる鳴らしてみると、みごと復活。今でも常用しているヘッドフォンである。

Page Top

SONY MDR-CD3000 anchor.png

SONY MDR-CD3000 ヘッドフォン (premium vintage)

 SONYのヘッドフォンで1993年発売。定価52500円。→ MDR-CD3000

 メーカーにはカタログページも残っていない。このヘッドフォンの音を聞いたときには、そのクリアさと音のきめの細やかさに驚いた覚えがある。もちろん、若いときだったので、耳もよかったのだと思うが。
 最近は、イヤーパッドがぼろぼろで使いにくい状態がある。また、修理部品も無くなったと言うことで、復活する時間・気力が充実するまで、しばしお蔵入りの状態が続いている。
 参考になりそうなページは以下のところ。
http://www.geocities.jp/myaudiolife/mdrcd3000/reconstruction1.html

Page Top

STAX SR-Σ Pro anchor.png

SIG_PRO.jpg

 STAXのイヤースピーカー。形状はヘッドフォンだけど、スピーカーという言葉がぴったりくる形状。1987年発売。当時定価46,000円。

メーカーの歴史のページはここ→http://www.stax.co.jp/Japan/rekishi-J.html

関連ページは以下のところ
○SR-Σ Pro
 http://20cheaddatebase.web.fc2.com/STAX/SR-sigmaPRO.html
○SRM-1 MK2 Pro
 http://earsp.web.fc2.com/kako-d/srm-1mk2pro/srm-1mk2pro.htm

 その前のSR-Σは、1977年発売。当時12歳の私には、夢また夢のヘッドフォンだった。ずっとあこがれていて、仕事について冬のボーナスで思い切って大人買いした。 運用形態も特異で、ヘッドフォン端子に直接接続することができないため、SRM-1 MK2 Proというヘッドフォンアンプ?が必要であった。カタログだと定価55,000円となっている。
 専用のスタンドが、そのままデスクトップスピーカーとして運用できるのも素晴らしいアイディアだった。ちょうど、今iPodを真ん中において鳴らすコンパクトスピーカーシステムと似ている形状。独り暮らし・借り暮らしの身には、けっこう効率よく高音質を楽しむことができた。
 現在は、別のところにてお蔵入り中。


トップ   凍結 差分 バックアップ 複製 名前変更 リロード印刷に適した表示   ページ新規作成 全ページ一覧 単語検索 最新ページの一覧   ヘルプ   最新ページのRSS 1.0 最新ページのRSS 2.0 最新ページのRSS Atom Powered by xpWiki
Counter: 3862, today: 2, yesterday: 0
初版日時: 2010-12-29 (水) 15:28:40
最終更新: 2010-12-30 (木) 21:40:29 (JST) (2904d) by mtoda