Theme切り替え

ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失


AX300というハードディスクレコーダー anchor.png

 NECが2004年に発売したハードディスクビデオレコーダー。
1代目がAX10、2代目がAX20、3代目がAX300で、現在は後継製品は発売されていない。

 なぜSONYや東芝、Panasonicではなく、NECのビデオレコーダーなのか。それは、PCとの親和性が高いところにある。AX300自身がビデオデータを配信することができる上に、LANを通じてデータをPCに移したり、移動時に映像種類を変換したりすることができる。

 ちなみに、この機種を超える機能をもつハードディスクレコーダーは、現在、存在しない。(地デジ化とともに、コピーガードがかかり、映像コンテンツの自由なやりとりが困難になったため。家庭内では、自由にやりとりできるようになってほしいが、今後実現可能性はかなり低いと考える。)

 中身をみると、まんまコンピュータである。CPUはVIA製。マザーボード上にPCIスロットもある。(使われていないが)目隠しされているが、USBポートもついていたりする。OSはLINUXで動いており、ハードディスクの中は、4つの領域に分けられている。であるので、修理はPCを自作したことがあるものであれば、ある程度可能である。

 AX300は製品の性格上、コアなユーザーが多く、修理や改造の記事がWEB上に数多くあがっているのも魅力である。

 =参考にさせていただいたWEB=
  http://anicomi.sakura.ne.jp/necax/index.php?TopPage

 
Page Top

修理記録 anchor.png

 WEB上でAX300の情報を探すと、不具合の原因は大きく以下の3つのようである。

1.内蔵ハードディスクの不具合
2.BIOSバックアップ電池の電圧低下による起動不良
3.マザーボード上のコンデンサ不良(破裂)
 
Page Top
2008.08.11修理記録 anchor.png

 以前からハードディスク付近から異音が出ていたAX300であったが、とうとう起動しない状況になった。あわてて電源を強制切断し、再起動。「選局」ボタンを連打し、初期化メニューからシステムの初期化を試す。初期化が終了し再起動するが、症状は改善しない。原因は、データ領域にあると推測し、本格的な修理に取りかかることにした。修理手順は以下の通り。

1.AX300の内蔵ハードディスクの不具合調査・修復
2.旧ハードディスクから新ハードディスクへ、録画データのコピー

Page Top
1.内蔵ハードディスクのチェック・修復 anchor.png

 AX300はLINUXで動いているので、修復はLINUXで行う。KNOPPIXというCD-ROMから起動するLINUXを使って、データ領域をXFS_CHECKというコマンドでエラーを修復する。

 最初、http://www.rcis.aist.go.jp/project/knoppix/ から
KNOPPIX6.0.1CD日本語版をダウンロード、起動CDを作成した。その後、内蔵ハードディスクをPCのIDEポートに接続し起動。無事、ハードディスクは認識した。
 XFS_CHECKコマンドを実行すると、「command not found」。コマンドがない。いくつかWEBを探ると、どうやらKNOPPIXには、コマンドが無い場合があるらしい。そこで、KNOPPIX5.3.1DVD日本語版をダウンロードして、別の起動CDを作成した。
 5.3.1DVD日本語版で起動すると、途中でシステムが見つからない旨のコマンドとともに、起動が止まる。理由がわからず一晩悩む。いろいろ情報を集めると、USB経由のDVDドライブで起動させるとよさそうという情報を得る。そこで、外付けに変更して起動してみると、見事起動した。ここまで、悩んで3日間。
 ようやくKNOPPIXの起動にめどがつき、XFS_CHECKコマンドを実行。録画データ領域を検査・修復することができた。とりあえず録画データの大部分はサルベージすることができた。

 つまづきは、KNOPPIXのシリアルATAへ対応にある。6.0.1版では、シリアルATA経由で起動できるが、5.3.1版では起動できない。IDE接続なしのPCが増えているので、このあたりでひっかかる人がいるかもしれない。

Page Top
2.旧ハードディスクから新ハードディスクへのデータコピー anchor.png

 旧ハードディスクと新ハードディスクをつないでKNOPPIX6.0.1CD日本語版で起動する。その後、旧ハードディスクのデータを新ハードディスクへコピーする。

 AX300の録画データは、4つめのパーティション(XFS形式)のRECディレクトリにに保存されている。そこに、[保存年月日].sviというファイルと、保存年月日のフォルダがある。保存年月日のフォルダの中身は、m2pという拡張子がついたファイルと、その他のファイルである。
 この[保存年月日].sviと保存年月日のフォルダすべてを、新ハードディスクへコピーする。AX300は[保存年月日].sviファイルを認識して、コンテンツとして表示するので、RECディレクトリにデータをコピーするだけでOKである。コンテンツ管理ファイルか何かがあって、それの書き換えが必要かと心配していたが、大丈夫なようである。(ただし、SmartVision-PLAYERでコンテンツ表示したとき、表示が変になったときがあった)

 映像データが入っているフォルダの中身について。

  • m2pファイル→mpeg2のファイル。拡張子をmpegかmpgに変更することで、再生可能。また、KNOPPIXでは直接再生可能。
  • bmkファイル→画面をキャプチャしたと思われる画像ファイル拡張子をbmkからbmpに変更することで、画像として表示可能。DVD作成時のメニューの画像と推察。

 画像フォルダは、Sambaで共有されているので、Windowsマシンでアクセス可能。eportsフォルダで表示されるのは、recフォルダの内容そのものである。  では、sambaで共有されているフォルダに、mpeg2のファイルをコピーすると再生できるのか。まだ試していない。

Page Top

地デジその後 anchor.png

 アナログ放送を録画して、ホームネットワークで共有するのには、最高のマシンである。だが、地デジチューナーもなく、ハイビジョン録画もできない。ビデオレコーダーとしての寿命が見えている。

 他のハードディスクレコーダーが使い物にならなくなるのに比べ、AX300は、データサーバとして生き残る道が残されている。また、手を加えることで、メディアサーバとして生き残るという手もある。

 市場からIDE接続のハードディスクが姿を消そうとしている。現在主流のシリアルATA接続のハードディスクが使えれば最高である。これは、コンバータを使えば可能になる。


トップ   凍結 差分 バックアップ 複製 名前変更 リロード印刷に適した表示   ページ新規作成 全ページ一覧 単語検索 最新ページの一覧   ヘルプ   最新ページのRSS 1.0 最新ページのRSS 2.0 最新ページのRSS Atom Powered by xpWiki
Counter: 4087, today: 2, yesterday: 0
初版日時: 2009-08-11 (火) 17:33:50
最終更新: 2009-08-12 (水) 11:36:44 (JST) (3410d) by mtoda