Theme切り替え

ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失


 SANYOのXactiというデジカメがある。

 簡単に動画を撮影することができて、YouTubeにも、動画ファイルをそのままアップロードすることができる優れものである。

 このデジカメの動画の規格は、ISO標準MPEG-4 AVC/H.264規格準拠(.MP4)となっている。このMP4形式は、実はWindowsと相性があまりよくなく、どちらかというとMacと親和性が高かった。動画ファイルを読み込んで編集することが、MacならiMovieでサクサクできるし、編集した動画もMP4形式で出力することが可能である。(実は、拡張子がm4vになる。中身はMP4なので、拡張子を変更するだけでWindowsで扱えるMP4ファイルとなる)

 XactiのMP4は圧縮コーデックがH.264なので、本来は拡張子はm4vになるはずらしい。けれど、m4vは、ipodやiphone向けの 拡張子なので、MP4にしているようだ。MP4の拡張子をもつファイルは、実は圧縮コーデックもMP4であるはずなのだけれど、実質的にどちらもMP4と して扱われるので、どーでもよいと考えるようだ。

WindowsでMP4を、無料で、編集し出力する処理方法を見つけたので、備忘録代わりにまとめてみた。

1.編集・作成環境(利用ソフトウェアの準備)
編集・作成には、以下のソフトウェアが必要。どれも無料。
・Windows Vista以降(Windows Live ムービーメーカーを利用するためには必須)
・Windows Live ムービー メーカー(無料で手に入る)     http://explore.live.com/windows-live-movie-maker
・Real player(無料版でOK)
    http://jp.real.com/?mode=rp
 ー実際は、RealPlayer コンバーターを使うだけで、ほかは使わない。
・QuickTime(H.264で圧縮する際に必要)

2.作成手順
(1)読み込みと編集
 実は、Windows Live ムービー メーカーから、MP4ファイルを読み込むことができるようになった。他にプラグインなどは必要ない。読み込んだ後の編集は、ムービーメーカーの使い方と一緒。

 できあがって出力する時は、出力形式は選ぶことができない。すべてwmv形式。windows販促用の無料ソフトウェアな訳だから、あたりまえったら、あたりまえ。
(2)出力と変換
 wmv形式ではmp4に変換する必要がある。それには、RealPlayer コンバーターを使う。これもそんな面倒はない。ただ、MP4に変換するときにQuicktimeを使っているので、quicktimeのインストールは必須である。  これで、見事にwindowsマシンでmp4ファイルができあがる。ありがたい世の中になりました。


トップ   凍結 差分 バックアップ 複製 名前変更 リロード印刷に適した表示   ページ新規作成 全ページ一覧 単語検索 最新ページの一覧   ヘルプ   最新ページのRSS 1.0 最新ページのRSS 2.0 最新ページのRSS Atom Powered by xpWiki
Counter: 4248, today: 1, yesterday: 2
初版日時: 2010-09-20 (月) 20:55:13
最終更新: 2010-09-21 (火) 07:13:44 (JST) (3005d) by mtoda