Theme切り替え

ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失


 ぺんてるのAirペンminiを購入した。製品の詳細については以下のURLより。  http://www.airpen.jp/index.html →amazonで情報を得るときはここからAirペンmini

 ほとんど似ているガジェットに、MVテクノロジーズ社のMVペンがある。  http://www.mvpen.com/ →amazonで情報を得るときはここからMVペン

製品の特徴 anchor.png

 この製品は、ペンタブレットを移動式にしたような製品である。専用ペンと受信機がセットになっていて、受信機にデータを蓄積して使用する。蓄積されたデータは、USB経由でPCへ転送し利用可能。基本的に画像データとして保存されるが、書かれた文字をテキストへ変換する機能もある。  入力ペンのペン先は、「4C互換サイズ」と呼ばれる大きさなので、文房具店で入手可能。(「4C互換サイズ」はJIS規格になっていたのは、初めて知った。)

Page Top

この製品を何に使うのか anchor.png

 テキストで入力するのは、キーボードの方か簡単。airpenを使う場面は以下のようなときが考えられる。 PCの利用が差し障られる場面で、記録したデータをPCで再利用したい時。 メモとPCの連携を図る時。 イメージ図やイラストを気軽に書く時。

 特にイメージ図やイラストは、やはりペンで直接紙に書いた方が手軽・自由である。文書の「見える化」を進めるときに、有効なツールとして使うことができる。たとえば、ミーティングで概念を図式化し、それをPCに読み込んで見やすくするという使い方が考えられる。文書の見える化については、次の書籍が参考になる。

HTTP Error: 503

 A4・1枚究極の企画書―伝わる!通る!夢が叶う!

 文書の見える化を進める上で、こつや留意点が分かりやすくまとめられている書籍。お勧め。


Front page   Freeze Diff Backup Copy Rename ReloadPrint View   New Page Page list Search Recent changes   Help   RSS of recent changes (RSS 1.0) RSS of recent changes (RSS 2.0) RSS of recent changes (RSS Atom) Powered by xpWiki
Counter: 2109, today: 2, yesterday: 0
Princeps date: 2009-08-11 (Tue) 23:25:58
Last-modified: 2009-08-12 (Wed) 17:26:37 (JST) (3543d) by mtoda